スポンサードリンク

水中毒とは

 水中毒とは、水を大量に飲むことにより、血液中のナトリウム濃度が極端に低下することにより、低ナトリウム血症を基盤とした症状です。

 腎臓の持つ最大の利尿速度は 16mL/minですが、水分摂取がこれを超えると細胞の膨化が発生し、これを水中毒と言います。 多くが精神分裂病の合併病ですが、大量に水を飲めば誰にでも起こりうる症状です。
 事実、水飲みコンテストで、水中毒と思われる死亡例もあります。

 水中毒になると、体の中の電解質といわれているもの(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、次のようなことが起こります。
・噴水のように吐く。
・尿失禁する。
・突然ひきつけが起こす。
・意識がなくなる。

 水をどれだけ飲めば危険なのかは、人によったり、運動等の状況により違いますが、水中毒の手前の危険信号の目安としては、次のことが挙げられます。
・大量に水を飲んだ後に手足にピリピリとした。
・しびれや、皮膚を押して跡が残るような“むくみ”が出る。


 水を大量に飲むと、血液中のナトリウム濃度が薄まり、細胞内のナトリウム濃度とのバランスが失われてきます。こうなると、体がだるくなったり疲れたりしやすくなります。 
 更にひどくなると、低ナトリウム血症、つまり水中毒の症状になります。

 基本的には、水を飲むことは悪いことではなく、特に運動時や入浴後などの発汗時にはそれなりに補給が必要です。
 ただ、恐ろしい水中毒のこともありますので、水の飲み過ぎには注意しましょう。